Author Archives: funaki

The 25th Day of SAL at SJSU (英語の勉強途中経過)

現時点での最優先事項は英語の上達だが、1日中テレビを見ているのがいいのか、1日中しゃべっているのがいいのか、半々がいいのか、よくわからないので不安だ。 来る前までの僕の英語力は 中学高校と英語は常に赤点すれすれだった 大学受験で英語を使っていないし勉強していない 高校卒業前に数ヶ月、週2回1時間ずつ、ジオスに通った。生徒対先生が1対1と2対1のクラス。 (これはかなり効いていて、この時の経験のおかげで英語コンプレックスが緩和されている) 大学でも第一外国語は英語だったが、TOEIC が悪過ぎて最下位のクラスになり簡単過ぎた 月並みに英語のブログや、プログラムに関わるドキュメント、論文を読んではいた VOA Special Englishの podcast を時々聴いたり読んだりしていた (これも結構効いているかもしれない) 在学中に海外旅行は何度かしたが別段しゃべる機会なし 去年の秋に、フランスへ旅行したとき初めて1人で飛行機に乗り、席が隣になった韓国人と長時間しゃべった。旅行中も1人で行動する時間があったし、日本人の友人が紹介してくれた人としゃべったりで英語は結構使った。 ベルリッツの短期集中コースを1ヶ月間受講。週3で90分ずつ。ちなみにレベルは下から2番目。1対1で先生は毎回ランダム。趣味が合う相手だと雑談に終始したりもした。30万円ぐらいしたがたぶん効いたと思う。 TOEFL iBT を記念受験。スコア31。ちょっとショック。サバイバルイングリッシュがちょっとできるようになった程度では全く歯が立たないことを思い知る。 Googleのお膝元、MountainView に2週間滞在。初の1対多の英会話。みんな優しく聞いてくれるのであまり自尊心を傷つけられることなく経験値を積めた。しゃべれなくても sorry と言う必要がないことを体感。 帰国後、パソコンをまず英語環境にしよう、と Mac に完全移行しつつ RSSリーダーもやめて日本語のサイトは極力見ないように。 英会話喫茶、でいくつか体験授業に行ってみた。Cow-goは赤松さんおすすめで僕もおすすめ。週1で70分3000円。月謝が3000円で登録費が5000円。時間当たりの値段はベルリッツの半額以下。友達感覚でメールのやり取りとか、渋谷にある本拠地のレストランに遊びに行けたりとしゃべる機会が増える。英会話にも慣れ、非日常ではなくなった。 多読を勧めている例が多かったので、適当に薄い本をまとめ買いして読んでみた。Bookoff などの古本屋では手に入らなかった。 この頃なぜか、スタバで突然話しかけられたり、道を聞かれたりと英語で話しかけられる機会が頻発。 映画はよく観る。本当は字幕も英語にすればいいのだが。 日本人の好きな作家で英訳されている小説を読んでいたが、ある日気付いたらすらすら読めるようになっていた。語彙は相変わらずなのでわからない単語はたくさんあるが読み進められる。眠くならなくなった。 留学先の大学とのやり取りでメールをたくさん書いたので、辞書なしでも簡単な文なら書けるようになってきた。 こんな具合で英語に慣れてきたな、という状態で留学生活突入。 現時点で感じていることは、 ルームメイト5人はアメリカ生まれの4年制の大学生なので英語でしかしゃべらない。自分に話しかけているときは平気でも、彼ら同士で話しているのを聞いていても細かい部分がわからない場合が多い。生活リズムがだいぶ違うせいもあって最近はしゃべる時間が減っている。 クラスメイトは15人ぐらい。TOEFLによるレベル分けで僕は最初8段階中上から4番目。Oral は次から先生の計らいで1つ上のクラスに。クラスによってだいぶ雰囲気が違うようで、僕のクラスは女子だらけ韓国人だらけで休み時間は英語が聞こえてこない。3月から始めた生徒は少なく、大半が以前からいる生徒。 よくつるむのは、3月入学で同じ寮に住んでいる面々なのだが、いつの間にか韓国人が増えていて彼らは韓国語で話すのでちょっと困っている。カルチャーショックは彼らから受けることが多い。 授業中、発言は結構求められる。別段特殊なことはやっておらず、テキストを解いたりディスカッションしたり。宿題はそれなりに出る。先生によってはだいぶ多いらしい。 Oral の1つ上のクラスはオンラインで自分の声を録音する宿題が出た。選ばれた生徒がお題を出して、みんながそれに答える。TOEFL iBT に同じ形式の問題が出るのでその練習。Writing の授業では blogger を使って宿題を提出した。学校全体で Gmail, Facebook, twitter, Google Docs [...]

Posted in SAL at SJSU | Leave a comment

The 16th Day of SAL at SJSU (就労ビザについての知識)

2週間も経つとたいていのことが一巡して初めてのことが減った。一気に平板な日々になってきている。ブログを通じて知り合った田畑さんのおかげでいろんな人を紹介してもらったり、連れて行ったりしてもらえている。 こちらに住んでいる日本人にはビザ、特に就労可能なビザについて質問しているのだが、前回12月に赤松さんと滞在したときに得られた知識と合わせると選択肢はこんな感じだ。 グリーンカード。抽選。写真が必要になる以外は無料で応募できる。毎年1回、当たれば1年後ぐらいに行けるのかな。確率は不明だが何年応募しても当たらない人が多いようだ。 アメリカ国籍の人と結婚。裏技もあるようだがどう考えてもビザのために結婚するのはおかしいので非現実的である。とはいえグリーンカードもそうだが永住権を獲得してしまえば何の問題もなくなる。 駐在員ビザ (Lビザ)。日本にある企業に勤めている必要あり。 投資家ビザ (Eビザ)。条件が複雑だがお金がたくさん必要。 Oビザ。デザイン系の人で取っている人がいる。博士号を持っていても取れるケースがあるようだ。 H1-B。これが一般的な就労ビザだと思うが、複雑。既存の企業に勤める必要あり。今のところ抽選。アメリカの大学卒か院卒だともらえるOPTの期間を利用しないとビザが下りるまで働き始められないのでタイミングが難しい。 総じて難しい、というのが現在の印象。 結婚かぁ!?という結論に陥りがちなのが悲しい。。 起業するなら現地の人を採用できる程度の資金は最低限必要であり、ビザ獲得の厳しい条件をクリアしつつ時間も必要になるのでしばらく日本に帰る必要がありそうだ。 激しく学歴社会なので就職するなら院卒の方が有利だと言われている。 僕の場合学歴は大学卒で、公的に評価されるものはこれといってない。PHPの経験年数が5年以上あるが、どう評価されるのかまだわからない。 学生ビザ(F1)でも報酬を受け取らずちゃんと学校に行っていれば、インターンはできる模様。Google Summer of Code も検討してみたい。ちなみに学内でなら普通に働ける。人気で空きがないらしいが。 一応これらはカリフォルニア州の話で、他の州やあるいはカナダなんかは就労ビザを獲得しやすいらしい。もしかしたらオバマ大統領の移民政策で変わるかもしれない。そういう意味ではネット系に固執せずにグリーンでクリーンな分野に軸足を置いた方がいいかもしれない。 さて、今受けている語学コースは7月末まで。授業料を払えばコースを延長することは可能であるがあまりのんびりはできなさそうだ。

Posted in SAL at SJSU | Leave a comment

The 9th Day of SAL at SJSU

2009年3月6日に単身渡米してから今日で9日目。 何をこのブログに書こうかずいぶん迷ったが、とにかく書き始めないと永遠に書けそうにないので少しでも役に立ちそうなことを羅列してみる。 僕は個人事業主で都内に住んでいたのだが、去年分の確定申告は出発前に済ませておいた。今年の1〜3月分は、すぐにやってしまうこともできるようだがしばらく見送り。 F1ビザを持っているのでESTAは不要。入国審査が終わるまでちょっと不安だったけど。 8amに着いて、airport pickupを$75でお願いして枕とか買わなくてはならないベッド用品も近くのスーパーに寄って購入したが、寮のチェックインが7pmと遅い上に預かってくれなくて困った。結局荷物はSALのオフィスに置かせてもらえた。 天気は期待した通り、ひたすら晴れているが、思ったより寒い。半袖を着ている人もいるが、僕は東京の真冬の格好でちょうどいい。昼間日差しがあればコートはいらない。SJSUのロゴ入りのパーカーを着ている人が多い。 ノートパソコンは持って行かなかったので大学内で MacBook を購入。久々に学割のありがたさを感じる。英語キーボードになった。iPhotoとかが’09ではなかったのが残念。DVDでついていた。 $800/month ぐらいの寮でルームシェア。ベッドが2つある寝室が3つ、2つバスルーム、キッチンで1つの部屋。今考えると自分は何時に寝る、とか自分はきれい好きだ、とか希望を書いたはずだがほとんど希望とずれている。でもとにかくしゃべる機会は増えるし楽しい。食事付きのプランは高いしおすすめではないらしい。 今期からSAL(語学コース)を始める中で日本人は5人(知る限り)。大半は韓国人。ヨーロッパ出身の人はお目にかかってない。全体だと30人ぐらいだろうか。日本人同士でも英語でしゃべっている。 最初の1週間はオリエンテーションばかりで授業はない。今月末にSpring Breakが1週間ある。今のところ毎日やることはないのでのんびりしたもの。 ケータイはセブンイレブンで買った。大学内には売っている場所がなくて、VirginMobileのKyoceraを機種20ドル+プリペイド通話料20ドルでゲット。ルームメイトが助けてくれた。 クラス分けはTOEFLの筆記試験で行われる。と言っても点数は教えてくれないし機械的に振り分けているのかどうかは不明だ。去年11月に受けたiBTのスコアは恥ずかしながら31だったのだが、意外にも8段階あるうちの上から4番目のクラスになった。 食事はまずいわけではないが、だいぶ偏るのできつい。ピザとハンバーガーとサブウェイばかりで、魚は全然食べられない。ルームメイトが炊飯器を持っていたので助かった。 Japanese Groceryがあって車で連れて行ってもらった。味噌とか和食に欠かせない調味料が揃う。僕の場合は普段使っていたのと全く同じ品物が調達できた。 みんな Facebook 使いまくり。今まで全然使っておらず知らなかったが、Facebookはとても使いやすい。友達とのコミュニケーションがきれいにレイアウトされていく感じがする。操作性も抜群。

Posted in SAL at SJSU | 2 Comments

オフィス/自宅撤収にスナッピーオークションズとYahoo!なんでも交換が便利

留学するにあたって、オフィスと自宅を撤収したのですがそのときお世話になったのがスナッピーオークションズとYahoo!なんでも交換。 スナッピーの方は、Yahoo!オークションの出品代行をしてくれる。代理店は他にもあるがたまたまオフィスのすぐ近所にあったので利用した。 接客の感じはいい。手数料は結構取られるが売れた額の何割、なのでマイナスにはならない。トラックで男性が引き取りに来てくれて、梱包はお任せできるし、CD-RとかLANケーブルみたいな安価なものでもまとめてなら引き取ってくれた。手数料詳細はこちら。引き取ってもらった後は何々がいくらで売れましたーという通知と口座に振り込まれるのを待つだけ。 僕は主にパソコンとその周辺機器を出した。店員曰くこの時期、服も多く出回るらしい。カスタマイズしたDellやhpのサーバマシンが多かったので中古では値がつかなかったのだが、落札価格は結構高かった。 Yahoo!なんでも交換は、今まで知らないサービスだった。家具や家電は、高額なものならいざしらず、安いものでは売れる気がしない。かといって粗大ゴミは1つ300円以上かかってくるし、冷蔵庫や洗濯機は家電リサイクル法のおかげで3000~4000円近くかかってしまう。何より、まだきれいで動いているのに捨てるのはもったいなかったので、タダでもいいから誰か使ってくれないかと思って探したらYahoo!のサービスを見つけた。 結果的に、募集したらまとめて引き取りに来てくれる方が現れて助かった。案外欲しい人は多いようで、男の一人暮らしに必要な家具全般をまとめて掲載したところものの数時間で何通も応募が来た。相手が信頼できるのか、メールの文面で判断するしかないし、自分の住所を教える必要があるので若干怖い気もするが今回はとても親切な人でよかった。たまたまその人は運送業をやっていたことがあるとかで重い家具の持ち運びも滞りなかったが、その部分だけまた別の人に頼めたりすると便利そうだなぁ、と思った。クラウドソーシング。

Posted in 感動する | Leave a comment

見出しや画像を順繰りに見ていける Bookmarklet

高速にスクロールすることができない iPhone 用に作ったのだが、ブックマークレットを実行するのが面倒で使えないなぁ、とお蔵入りになっていた。 Make Page Navigation ソースはこんな感じ。 (function(){ var M = { getElements: function() { var results = []; var elements = ['h1','h2', 'h3']; for (var j = 0; j < elements.length; j++) { var h = document.getElementsByTagName(elements[j]); var len = h.length; for (var i = 0; i < len; i++) { h[i].id = (h[i].id [...]

Posted in つくる | Leave a comment

Bonanza on Mac

ボナンザはWindowsで動くコンピューター将棋ですが、Mac でも動いて欲しかったので Wine を入れてみました。Mac OS X 10.5.5、Bonanza は 4.0.4 です。 最初、dmg で配布されている1.1.7をインストールしたのですがexeを実行すると、mfc42.dll がないと怒られ、ダウンロードして再度実行すると今度は “gdi32.dll” failed to initialize, aborting となる。これはbonanzaに限らないのでこのdmg自体に問題がある模様。 あきらめて一度アンインストール(ページ下部参照)して、ports から改めてインストール。少し時間がかかる。 % sudo port install wine % sudo port install winetricks % winetricks vcrun6 % wine Csa.exe これで無事起動。 いや、しかし勝てない。1年前と違い、序盤も最新型で組んでくるのが小憎らしい。

Posted in いじる | Leave a comment

アメリカのF1/学生ビザを取得するまで(サンノゼ州立大学の語学コース SAL)

ヨーダは Do, or do not. There is no try. と言っているし悪魔の7つの質問に相当凹まされたので(その他いろいろあったが)真剣にアメリカに行こうと思い立ち、そして紆余曲折あったものの3月からサンノゼ州立大学の語学コースにしばらく留学することになりました。 View Larger Map 赤松さんにお世話になりました。このページも参考になります。 F-1ビザ (アメリカ留学ビザ) を取得したときのメモ : a++ My RSS 管理人ブログ 以下は、学生ビザを取得するまでの経緯。参考になれば幸いです。 2009年初頭の情報であり、変更される部分は多いと思うのでその点はご注意を。 ベイエリアに1週間滞在、天気のよさに感動する(2005年4月) アメリカに行こうという思いが強くなる(2008年8月頃) 具体的な計画はないが日本を離れる準備として住居撤収、仕事の縮小を徐々に開始(8月) ベルリッツの昼間の短期コースに1ヶ月通う(10月) 偵察のためベイエリアに2週間滞在(12月上旬) それまで学校に行くつもりは全くなかったが一転、語学留学を決意(12月中旬) 決意した時点で貯金はそこそこあった。生活防衛資金があることで、生活費のことを考えなくてすむし絶対的な安心感がある。貯まり始めると保守的になる、というのもその通りだな、と実感した。(参考:404 Blog Not Found:自営するあなたへ!これだけは知っておきたい10個のつっこみ) さて、学校決めは最終的には赤松さんの勧めに従ったのだが(曰く、大学のキャンパスが使えるのはいい&州立大学の知名度は役に立つ&本気度の高い学生が多そう)自分でも調べた。サンフランシスコを中心にあれこれ調べた結果がこちら。 http://spreadsheets.google.com/ccc?key=pDWwIWtega2s4dLR7mGV-Eg 表の数字の単位はドル。何校かにメールで問い合わせたがBrandonCollegeの対応は感じがよかった。 いくつか参考になったサイト。 サンフランシスコの語学学校情報 海外学校ガイド語学学校編:スペースアルク で、サンノゼ州立大学(略してSJSU)に決めたところで手続き開始。大学とは言っても、入学にTOEFLのスコアやテストは必要ない。正確には San Jose State University の Studies in American Language の中の Academic and TOEFL Preparation [...]

Posted in SAL at SJSU, 感動する | Leave a comment

PDFの検索結果に画像でスニペットを表示する実験

お蔵入りしていたコード。 PDFを検索したときの結果には画像でスニペットを返した方が見やすいかも、というアイディアを実現しようとしたもの。なぜ画像の方がいいかというと検索語近辺のテキストをスニペットにしても、表だったりPDFの中で文字列が表示される順に記述されていなかったときに脈絡がなくて役に立たないことがあるから。 さて、デモコードはまずユーザからURLで指定されたPDFファイルをサーバでダウンロード、テキストを抽出する。テキストにはPDF上での位置情報が付与されているので、それを含めてJSON形式でJavaScriptのコードに直接出力。文字列の検索はJavaScriptでやって、ハイライトは先の位置情報から画像の上にCSSで乗せる。 現状では、重い、PNGへの変換精度がいまいち、検索の機能が貧弱、等々実用化するまでには問題がたくさんある。 PDFからテキストを抽出、PNGに変換するところにはいくつか既存のアプリを使っている。 <?php require_once 'Zend/Uri.php'; define('PDF_SAVE_PATH', '/tmp/pdfsearch/'); define('PNG_SAVE_PATH', '/var/www/zuzara.org/pdfsearch/png/'); dl('json.so'); $errorMessage = ''; $pdfUrl = (isset($_GET['pdfurl']) ? $_GET['pdfurl'] : ''); $seed = ''; $images = array(); $data = array(); if ($pdfUrl != '') { try { $uri = Zend_Uri::factory($pdfUrl); if ($uri->valid() === true) { $seed = md5($pdfUrl); $pdfFile = PDF_SAVE_PATH . $seed [...]

Posted in いじる | Leave a comment

PukiWikiにHTTP経由でデータをインポートする

紙copi のデータを PukiWiki に移行しようと思って適当なスクリプトを書いた。 wiki フォーマットで書いていないので見た目は乱れるがMacを使うことが多くなったのでPukiWiki一本にまとめることにした。 <?php /** * PukiWiki HTTP API * * @since 2009.1.18 */ require_once 'Zend/Http/Client.php'; class Pukiwiki_API { const DEFAULT_ENCODING = 'EUC-JP'; private $_http; public function __construct($serverName, $httpAuthUserName, $httpAuthPassword) { $this->_http = new Zend_Http_Client($serverName, array('keepalive' => true)); $this->_http->setAuth($httpAuthUserName, $httpAuthPassword); } public function write($title, $body) { $this->_http->setParameterPost(array( 'encode_hint' => $this->encode('ぷ'), 'template_page' => [...]

Posted in いじる | Leave a comment

ムームードメインDNSカスタム設定 + Google Apps

先月からムームードメインがようやくDNSをいじれるようになった。大歓迎。 で、全部無料なのが怖いぐらいGoogleに依存しているのでGoogle Appsを使うことにした。 ムームーDNS:カスタム設定でレコード情報を変更 – NEO-SHOCKER.COM ここに書いてある内容で網羅されているが一応設定を書いておくと、 MX ASPMX.L.GOOGLE.COM 10 MX ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM 20 MX ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM 20 MX ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM 30 MX ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM 30 MX ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM 30 MX ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM 30 TXT v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all mail CNAME ghs.google.com etc… 最後に、ネームサーバをムームDNSに変更して設定完了です。 この部分を抜かしていてハマった。。48hを過ぎてもAppsはいっこうに使えるようにならず。。 ムームードメイン – ネームサーバ設定変更 このページで「ムームードメインのネームサーバ(ムームーDNS)を使用する 」にチェックを入れて更新すればOK。僕の場合は、カスタム設定をしたつもりがここのチェックがロリポップのままで反映されていなかった模様。 設定後、しばらく待てば反映される。 CNAMEが設定されているかのチェックは Creating CNAME records – Google Apps for Administrators ここの「Check the [...]

Posted in いじる | 2 Comments

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin