ライブドアの認証API用PHPライブラリをつくった

http://coderepos.org/share/changeset/11985

いまさら感満載ですが、見当たらなかったのでつくりました。livedoorの認証API用PHPライブラリです。

svn checkout http://svn.coderepos.org/share/lang/php/Services_Livedoor_Auth/ lang/php/Services_Livedoor_Auth

でどうぞ。

PHP5専用です。json_encodeを使ったので5.2系以降か、extensionを入れてください。別のパーサに書き換えてももちろんOKです。公開するときはもっと汎用的にfunction_existsとかで振り分けた方がいいのかな。PEARやZend用につくるときの動作環境の指標は(PHPはこのバージョン以降で動くように作りなさい、とか)あるんだろうか。

基本的にははてな認証API用のライブラリを参考にしました。
http://svn.ishinao.net/webxp/Service_Hatena_Auth/trunk/library/Service/Hatena/Auth.php

This entry was posted in つくる and tagged . Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

One Comment

  1. Posted 2008/06/26 at 5:06 pm | Permalink

    【技術コンテスト参加のご案内】

    はじめまして、「Engineer Award」事務局の小島英生と申します。
    (http://www.engineeraward.jp/)

    「Engineer Award」とは、国内最大級のエンジニアSNS「エンカフェ」
    (http://encafe.jp)を活用した、日本で初めての技術コンテストです。

    コンテストのソフトウェア部門では、小窓ガジェットを
    制作していただきます。
    そして、コンテストの審査の結果、優秀な作品には、
    様々な賞をお贈りさせていただきます。
    また、その審査の審査員としては、初代Linux協会の会長
    現在WASP株式会社 代表取締役の生越昌己氏など、
    豪華ゲストをお迎えしております。

    このたびは、過去に「Mashup Award」にご参加された方々に、
    是非とも「Engineer Award」にもご参加していただきたく、
    ご案内のご連絡をさせていただきました。

    今回のガジェットは、300万人のユーザー数を誇る
    オープンソースのSNS「OpenPNE」の小窓ガジェットの制作であり、
    今回制作された作品も、その300万人のユーザーに
    利用していただける可能性もございます。

    また、今回コンテストに参加を検討しているエンジニアの
    仲間たちとも、SNSを通じて交流することもできるコンテストです。

    少しでもご興味を持っていただけましたら、下記HPより、
    是非ともエントリーいただければ幸いです。
    腕試しの機会として、本コンテストをご活用ください。
    http://www.engineeraward.jp/

    もし、ご質問等ございましたら、お手数ですが、
    下記の公式サイト右下にあります「お問い合わせ」の
    メールアドレス宛てにご連絡下さいますよう、
    宜しくお願いいたします。

    ご参加を、お待ち申し上げております。

    追伸:ご連絡先・お問合せ先が見つからず、ブログに直接
       書き込みをさせていただき、失礼いたしました。

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin