Ubuntu 7.10のForefoxが日本語入力ON時に突如落ちるときの対策

日本語化されていない本家のUbuntu7.10にSCIM+Anthyをapt-getで入れ、Firefoxで日本語入力をONにする。
その状態でWordPressのlinkボタンのようなJavaScriptで呼び出されるメッセージボックスが出て入力待ちになると、落ちる。

firefox -g
で実行するとsegmentation faultを起こしている箇所は特定できたが難しいことをしなくても解決できた。

Sytem -> Preferences -> SCIM Input Method Setup
で設定画面を開いてFrontEnd -> Global Setupの「Share the same input method among all applications」のチェックを外して
sudo vi /usr/bin/firefox
の最初のコメント行が終わった辺りに
export GTK_IM_MODULE=scim-bridge
を追加。でfirefoxを起動すれば落ちなくなった。

ちょっと環境は違うが以下が参考になる。
Flash+scim+Anthyの不具合解消[VineLinux3.2] – おやじまんのだめだこりゃ日記

その他printenvしたときに出てくる関係がありそうな値。特に変更は加えていない。
QT_IM_MODULE=xim
LANG=en_US.UTF-8
GTK_IM_MODULE=xim
GDM_LANG=en_US.UTF-8

This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

2 Comments

  1. Posted 2007/11/17 at 11:19 am | Permalink

    昨日はどうもです。
    船木さん、やっぱり知ってましたw
    usingAPIとかいつも見てます!
    最近FedoraからUbuntuに変えよかなと模索中です。
    今後ともよろしくです!

  2. Posted 2008/03/03 at 4:37 pm | Permalink

    同じような問題がFedora8で発生していて困っていたところ見つけました。
    おかげさまで大変助かりました!

One Trackback

  • By nesukeのきっと三日坊主 続き中 on 2008/03/03 at 4:36 pm

    Fedora8でFirefoxの各種ダイアログが開いた瞬間に落ちる…

    前回の記事にSCIMをVNC経由で上手いこと使えるようになったと書いたが、その裏で別の問題が進行中というか発生していた。

    なぜか今まで快調だ……

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin