Windows Vista vs. Linux Ubuntu

Ubuntuに乗り換えて3週間程。解決しない不満点がまだあります。

  • デュアルモニタのせいか、Firefoxなどが突然落ちる
  • gvimやterminalとのコピペのコマンドがスムーズでない

switch xorg.conf files (dual, single)
試していませんが、外部ディスプレイを外したときはデュアルディスプレイの設定を解除できるようです。
しかし、、ときどきすっと吸い込まれるように落ちる現象の原因が突き止められず。

The application ‘Gecko’ lost its connection to the display

云々、というエラーは出るのですが。

コピペの問題は、puttyの右クリックでペースト、Windowsのgvimはクリップボードとバッファが同じに扱われるのに慣れているせいです。

逆にWindowsXPよりいい点は、

  • フォントがきれい
  • 当然のことながらgccがネイティブで使える、LAMPそのままの開発環境

フォントはとにかくきれい。

で、Windows Vista。

ClearTypeのメイリオは、ClearTypeなしのOsakaフォントより読みづらい、というのが第一印象。GUI全体で適用されるのでまずまずきれいですが、どうもブラウザやエディタには向いていない。好みの問題だとは思いますが、Osakaフォントのアンチエイリアスの方が好みです。

ただ、VistaでClearTypeをオフにするとメイリオを使っているすべての文字がガタガタになってしまう。そうするとテーマをクラシックにすることになり、、XPと何も変わらないという事態に。。

問題点としては

  • インストーラーがディスプレイの解像度をちゃんと認識しなかったのでダサかった
  • ドライバは認識するのに音が鳴らなかった(Vista用があったので入れたら直った)
  • アイコンがかっこよくなったが、icoによっては引き伸ばされてダサい
  • exeを実行するときに右クリックして「管理者として実行」しないとうまく動かないアプリがあった(keyctrl
  • 紙copi Liteがインストールできない!

XPよりよくなった点は、、うーん。
肝心のセキュリティ面は、アラートがずいぶん増えたなぁ、という印象。XPで別段困っていなかったので、恩恵を感じることもなく。

Aero等、見た目の機能を全部切ってしまうと新OSのワクワク感は激減なわけですが、さすがにWindowsとしての操作感はUbuntu(Gnome)に比べて安定している気がします。

Ubuntuと比べると起動時間はどっこいどっこい。

Mac OS X Leopardももうじきご登場のようで。こちらも楽しみではあります。

追記:
今さっきVistaで、iTunesで曲をインポート中にきゅぅんと嫌な音を立てていきなり電源が落ちた。。
そういえばUbuntuで一番面白かったバグは、長時間使用していた最中にウィンドウのテーマが突然変わり始め、しばらくしてから元に戻るという現象。あまりの出来事に呆然としてしまった。

This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin