Ubuntu6.10にapache2.2.3とPHP5.2.0をソースから入れたときのメモ

普通はapt-getで入れてしまった方が楽ですがPHP5.2.0を試したかったのでソースから。apacheもついでに最新版。
ちなみにapt-cache show php5で見るとUbuntu6.10にはapt-getだとPHP5.1.6が入る。

まずはapache。

$ ./configure --enable-so
checking for C compiler default output file name... configure: error: C compiler cannot create executables
See `config.log' for more details.
configure failed for srclib/apr

gccは入っていたのとconfig.logにはそれらしいエラーが見当たらなかったのとで最初なんのエラーかもわからず。ググってもちゃんとした解答がすぐには見付からなかった。
まぁ、原因はg++が入っていなかっただけで、解決しました。

$ sudo apt-get install g++
$ ./configure --enable-so
$ make
$ sudo make install

続いてPHP。

$ ./configure --enable-mbstring --with-apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs
...
checking lex output file root... ./configure: 1: lex: not found
configure: error: cannot find output from lex; giving up

エラーメッセージとapt-getのパッケージ名が一致しないのでapt-cache searchで探したりいろいろ。

$ sudo apt-get install flex
...
configure: error: xml2-config not found. Please check your libxml2 installation.
$ sudo apt-get install libxml2-dev

あとはmake && make install。/usr/local/apache2/conf/httpd.confに

AddType application/x-httpd-php .php

を書き加えれば動く。自分は割とCLIで動かすことの方が多いですが。

JSONとか新機能を試したい。

追記:
PostgreSQL8.1.5も入れた。

sudo apt-get install libreadline5-dev

が必要だった。

This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin