WindowsからUbuntuに乗り換えてみた

追記:
zuzara : Ubuntu 7.10をデスクトップクライアントとして使ってみた

2年以上、LinuxをクライアントOSとしては使ってこなかったのですが、Ubuntuに惚れてしまいました。入れたのはUbuntu-ja-6.10。マシンはVAIOのtypeF。

感動した点。

  • LiveCDからOSが起動して、インストールするので最初にデモ的なものが見れていい。
  • 入れるアプリの選択はできないがCD1枚で済むのは楽。
  • 1680×1050の解像度自動認識(FedoraCore5ではできなかった)
  • デフォルトの日本語フォントがきれい。
  • 昔と比べると日本語入力もほとんど不便を感じなくなった。半角全角キーを押せばON。
  • 外付けHDDは問題なく認識、デュアルブートにしたがWindowsのパーティションも自動認識。ファイル名が文字化けない。
  • 僕の経験上初めてUSBマウスとタッチパッドを同時認識しつつタッチパッドのスクロールも動いた。スクロールはできないときもある。不安定?
  • ブートローダのインストール場所を正しく認識し、デュアルブートにするのがFedoraCore5に比べて簡単だった。
  • 後述するいくつかの問題をすべてUbuntuのフォーラムで解決策を発見できた。

クライアントOSとしてLinuxを使おうと一番気合いを入れていたのはRedHat8が出た頃。そのとき内蔵無線LANを自動認識して感動したものですが、今となってはずいぶん使いやすくなったものです。FedoraCore6をはじめ他の最新ディストリビューションを試していないですが、日本語環境はしっかり整っているしデバイス回りと最後に挙げた、問題が比較的短時間ですべて解決した点(現時点ではバグですが今後直される確率が高そうという意味で)はUbuntuならではのすごいところでは、と思います。

ちょっと調べる必要があった点。

  • 別マシンのSambaにつなぐ(参考: How to access network folders without mounting、ただしフォルダから右クリックでgvimを開くとパスを誤認識するらしく2つファイルを開いてしまうので同じページの1つ下で解説されているmountする方法にした
  • CapsをCtrlにするのは簡単だったが、さすがにその他のキー配置の変更は手動
    $cat ~/.Xmodmap
    keycode 129 = Escape # スペースキーの右はEscなんです
    remove Lock = Caps_Lock # 両方Ctrl派
    remove Control = Control_L
    keysym Caps_Lock = Control_L
    add Lock = Caps_Lock
    add Control = Control_L
    $ xmodmap ~/.Xmodmap

    次回ログイン時にメッセージが出るのでOKすればそれ以降設定が反映される。

  • apt-getでuniverseに分類されるアプリをインストールしたいときは/etc/apt/sources.listを編集

最初クラッシュしたが解決した問題。

  • FirefoxですべてのFlashが表示されないどころかアクセスした瞬間Firefoxが落ちる(export XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=1で解決
  • Firefoxでstrongやb内の日本語がbold、太字にならない(.mozilla/のuserContent.cssに無理矢理書いて解決
    strong, b {
       font-weight: bold !important;
    }
  • デュアルモニタ環境にしたとき、スクリーンセイバーやOpenOffice、glxinfoというコマンドを打ってもXが落ちてログアウトする(現象はここで報告されている内容と全く同じ。xorg.confはひげぽんさんの記事を参考にしました。なお記事の中の”6″でCUIになるとあるがAlt-1を押さないとログイン画面にならなかった。で、
    Option "Xinerama" "true"

    がないと落ちることが判明。ちなみにこの記述がないと、デュアルモニタではあるものの、Alt-Tabを含め2つのモニタがマウス以外共有しない状態になり、外部モニタを外しても問題なく動く状態になる。ドラッグしてウィンドウを隣に持っていけない点以外は、よかったのですが落ちるのは困るので。。

未解決の不満点。

  • Firefoxが時々落ちる、でもRestore Sessionが強力なのでまぁいいか
  • 起動がWindowsXPより遅い気がする。upstartの効果はないのか??

気分転換にもなるので、isoファイルをダウンロードしてかんべか何かで1枚CD焼いてインストールはせずとも起動してみる価値はあるのではないでしょうか。

This entry was posted in 感動する. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

2 Comments

  1. yu
    Posted 2006/11/21 at 1:03 pm | Permalink

    サポート目当てで、高いお金を払ってRedHat Enterprise Linuxを使うのは良いと思うんだけど、そもそも Fedora Core って使うことに何のメリットがあるの?

    無料で使いたかったら、(Ubuntuをはじめとした)
    Debian系の方がずっと良いんじゃないかという気がする…

  2. Posted 2006/11/21 at 10:38 pm | Permalink

    どうもー。

    FedoraCore使うことに何のメリット、と言われても好き嫌いの問題でDebianでもFreeBSDでも何でもいい気がします。

One Trackback

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin