Google Calendar APIを制御するPHPのクラス(未完成)

Google Calendar APIを使ってアプリを作ろうと思っていましたが、お蔵入りして未完成のPHPで書いたライブラリだけが残ったので公開しちゃいます。未実装のメソッドも多いですし、エラー処理も適当ですが。

http://www.zuzara.com/pub/GCalender_Service.phps

<?php
require_once 'GCalender_Service.php';
$c =& new GCalender_Service('mailaddress', 'password');
$data = $c->get();
print_r($data);

GoogleのドキュメントはもちろんあるのですがサンプルがJavaとC#なので実際の通信内容を理解するのに時間がかかりました。。

認証の部分が複雑。Google Account Authentication
には2つの認証方式が説明されていて、上記のコードで実装したのはInstalled Applications用です。HTTP1.1のパイプラインは使えない模様なのでいちいち3回アクセスすることになり若干重い。

APIでアクセスするURLにprivateとpublicがありますがそれによってReadOnlyだったり違いがあるので注意(参照)。

なお、HTTPSの通信を行うのでPHPのコンパイルオプションに–with-opensslが必要になります。残念ながらロリポップでは使えず、チカッパなら使えます。

This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin