coLinux+GentooでWindows上にLAMPな開発環境構築

Development Environment Conferenceも近く開催されるので自分の自宅での開発環境を書いてみる。

長いことVirtualPC2004のお世話になっていましたが先月辺りからcoLinuxに移行しました。coLinuxの方がコンパイル等CPUを使う作業は快適になった感じ。VMwareは試していませんがXを使うわけでもないので今のところcoLinuxで満足。

インストールやネットワークの設定手順等ははてブで「coLinux」タグを探したり、普通にGoogleで探せば解説サイトがたくさんあって助かります。デフォルトだと仮想のHDDは2Gで構築されるので、もう少し増やしておいた方がよかった。。(参照:ハードディスクを増やす

前提条件:

  • ノートPC1台で構築
  • ウェブアプリを作る以上、動作確認にIEは必要&サーバはLinux

インストールしたもの:

  • coLinux 0.6.4
  • Gentoo-2005.1-stage3-ext3

coLinuxの設定ファイル:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<colinux>
    <block_device index="0" path="\DosDevices\c:\Program Files\coLinux\Gentoo-2005.1-stage3-ext3" enabled="true" />
    <block_device index="1" path="\DosDevices\c:\Program Files\coLinux\swap_512Mb" enabled="true" />
    <bootparams>root=/dev/cobd0</bootparams>
    <initrd path="initrd.gz" />
    <image path="vmlinux" />
    <memory size="256" />
    <network index="0" type="tap" />
</colinux>

Swapの設定:

# mkswap /dev/cobd1
# swapon /dev/cobd1
# vi /etc/fstab
/dev/cobd/1             none            swap            sw                     0 0

apache+PHP+PostgreSQL(LAMPと言いつつPostgreSQL):

# emerge apache
# emerge postgresql
# emerge --config =postgresql-8.0.8
# touch /var/log/pgsql
# chown postgres /var/log/pgsql
$ pg_ctl -D /var/lib/postgresql/data -l /var/log/pgsql start
# USE="-* cli apache2 postgres unicode ctype fastbuild gd hash iconv memlimit nls pcre pic posix pdo reflection session sockets spl ssl tokenizer truetype zlib xml" emerge php
# emerge PEAR-DB
# emerge samba
# vi /etc/samba/smb.conf
[www]
  comment = www
  browseable = yes
  path = /var/www/localhost/
  writable = yes
  create mask = 0644
  force create mode = 0644
  directory mask = 0755
# useradd -d /home/funaki funaki
# smbpasswd -a funaki

PHPのコンパイルオプションをUSEで決めていますが、詳細はGentooのサイトを参照。emergeがしっかり依存関係解決してくれてすごいなぁ、と思いました。何も入っていないところからぽちぽちコンパイルして入れていくのは結構楽しい。

Gentooのbashはデフォルトのエディターがnanoだったりしてコアな雰囲気が漂っていますがvimを入れつつ、viに変更。

$ tail ~/.bashrc
export EDITOR=vi
export LANG="ja_JP.utf8"

ついでにほとんどいじっていませんが~/.screenrc

vbell off
encoding utf8
termcap xterm* G0:KJ=utf8
escape ^Vv
hardstatus string "[screen %n%?: %t%?] %h"

puttyでWindowsからログインしてscreen+vimでがしがし書くこともあればWindows上からSamba+gvimで書くことも。vimのバージョンは7。以前あれこれいじりましたが、結局7の新機能はあまり使わず。

gvimの設定ファイルはこんな感じです。以前よりだいぶ設定項目が減りました。UTF-8しか使わない、など汎用的ではないです。今入れているプラグインは、

  • closetag.vim
  • EnhancedCommentify.vim
  • matchit.vim
  • minibufexpl.vim
This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin