Vim 7をちょこっとカスタマイズ

Vim 7 is ready!ということで早速Windows版をインストール。

補完機能はぱっと見、良さそうです。JavaScriptの補完はなかなかアツイもののちょっと間違えることも。ctagsと組み合わせるとPHPもオブジェクト指向な補完ができるようになるようです。自分はネイティブ関数の補完だけで十分。

midnight2.vimを色分けに使っていますが補完の候補が表示されるエリアの色が派手過ぎるので変更。ついでにVisualモード時の色が変わっていたのでそれも変更。

hi Pmenu guifg=slategray3 guibg=blue3
hi Visual guibg=#666666

今まで色分けがうまくいかなかった、PHP、HTML、JavaScript(特にJavaScript)混在ファイルもきれいに色分けされるようになりました。

Undo branchesは、便利そうな反面、直感的ではないので使う場面があるかどうか。uとCtrl-rに加えて、ヤバぃ消しちゃった!と思ったらg-とg+を連打するぐらいが現実的でしょうか。

タブ機能はminibufexpl.vimを今まで使っていたので必ずしも必要なかったのですが、物は試し。:tabnewなどと打っていられないので

Tip #1221 – Alternative tab navigation : vim online

を参考にvimrcを変更。

set showtabline=1
" tab navigation like firefox
nmap <C-S-tab> :tabprevious<cr>
nmap <C-tab> :tabnext<cr>
map <C-S-tab> :tabprevious<cr>
map <C-tab> :tabnext<cr>
imap <C-S-tab> <ESC>:tabprevious<cr>i
imap <C-tab> <ESC>:tabnext<cr>i
"map <C-w> :tabclose<cr>
nmap <C-t> :tabnew<cr>
imap <C-t> <ESC>:tabnew<cr> 

Ctrl-Wはウィンドウの分割等に使うのでやめておきました。Ctrl-1、Ctrl-2のようにタブ間を移動したかったのですが、

map <C-1> :tabn 1<cr>

は動かず。Ctrl+数字はダメなんでしょうか。Googleで調べても解決策は見つかりませんでした。

minibufexplは、ファイルをダブルクリックするなどして開いたときには別ウィンドウになってしまうのが不満でしたが、Vim7のタブも少なくともデフォルトではダメ。常にウィンドウは1つで新規に開くのはすべてタブになって欲しい。-pのオプションやらautocommandのTabEnter辺りがそれっぽいのですが。。

なお、新機能については

:help version7

で確認できます。

追記:
midnight2はVim7用にアップデートされました。
midnight2.vim – Dark blue colorscheme. No sharp contrasts to tire your eyes. : vim online

This entry was posted in いじる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

2 Comments

  1. Posted 2006/11/22 at 9:37 pm | Permalink

    > 常にウィンドウは1つで新規に開くのはすべてタブになって欲しい。
    > -pのオプションやらautocommandのTabEnter辺りがそれっぽいのですが。。

    –remote-tab-silent オプション付きで開くように設定すると大丈夫だと思います。

  2. Posted 2006/11/23 at 12:29 pm | Permalink

    情報ありがとうございます。
    最近WindowsからUbuntuに乗り換えてしまったのですが、、
    Linux上のgvimには–remote-tab-silentオプションはないようです。

    http://d.hatena.ne.jp/megrim/20060921

    ここにも情報が載っていたのでWindowsで使うときは良さそうですね。

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin