GreasemonkeyでGoogle Cacheをちょこっと便利に

久々のホリデープログラミング。
Greasemonkeyが最近注目されているので遅ればせながら自分もつくってみました。

GoogleCachePlus.user.js

Googleの検索結果で「キャッシュ」はよく見ますが、検索語がページの下の方にあるとCtrl+Fとかでもう一度ページ内を検索し直さないと見つからなかったりします。このスクリプトを使うとクリックすることでハイライトされた検索語に次々とジャンプできます。

つくるときはmozdev.org – greasemonkey: authoringを参考にしました。ファイル名を.user.jsにする以外は普通のJavaScriptと同じ。デバッグが簡単にできて、開発者向きの作りになっている印象。

This entry was posted in つくる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.

Page optimized by WP Minify WordPress Plugin